home privete sitemap  
  home privete  
  ノックスドール 会社案内 ニュースリリース お問い合わせ  
HOME > Me錆穴修理システム > ドアの錆穴施工事例
ドアの錆穴施工事例
ドアパネの錆穴修理・施工手順


STEP.1 《下地処理の手順》
① 浮き錆を除去する。鋼板に同化している錆は逆に残してもOK
※ 状況に応じてエアーソーでカットするのもよいでしょう
② 穴埋めする部位は事前にハンマーで低く設定する
③ ケレン時のドア内部の鉄粉をエアーブローで除去する
④ 表面を脱脂する
下地処理の手順
STEP.2 《Me500防錆手順》…両面
① 錆の部位と素地全体にMe500、1回目を塗布
② 指触で粘着感が出たら、繰り返し2回目を塗布。再び粘着を待つ
※ 粘着感はガムテープと同じ位です『常温10分位で粘着が出ます』
④ 土台代わりにガラスマットを綿状にほぐして詰め込む

⑤ Me500の粘着感がある内に穴埋め作業を行う
Me500防錆手順

STEP.3 《Me800穴埋め・形成手順》…主剤:硬化剤 (100:1)
① 硬化剤を添加し、パテベラで良く攪拌して穴埋め形成をする
② 周りの素地はプライマー代わり程度に極薄で塗布する
注 Me500に直接パテは密着しません。Me800には密着します
③ Me800が指に付着しなくなるまで自然乾燥(乾燥のし過ぎはOK)
※ 作業を急ぐ場合は50度位の低温度で強制乾燥して下さい
④ ファイバーパテを付け終了~■パテは50度位の低温度で乾燥
注 サンディングの際は素地からMe800を削り取らない様にする
Me800穴埋め・形成手順

STEP.4 《Noxudol-内部防錆手順》…塗装完了後
■ 錆は内部から発生して広範囲に広がっています
  Me500は見える範囲までしか防錆できません

① 水抜きの穴又に専用ノズルを挿入する
② 700をスプレーしながらノズルを引き戻す
注 広範囲まで塗布・注入する 『垂れ落ちる位多目に』


Noxudol-内部防錆手順